福岡県産はちみつ さくら 600g
  • 福岡県産はちみつ さくら 600g
  • 福岡県産はちみつ さくら 600g

福岡県産はちみつ さくら 600g

¥2,650

*Tax included.

*Shipping fee is not included.More information

Shipping method / fee

The shipping fee for this item varies by the shipping method. Customers can choose the shipping method at time of purchase.

  • クロネコヤマト・ゆうパック

    入り江茶園送料設定

    Shipping fees vary by region.

    • Hokkaido

      ¥1,230

    • Tohoku
      Aomori, Iwate, Miyagi, Akita,
      Yamagata, Fukushima

      ¥1,100

    • Kanto
      Ibaraki, Tochigi, Gumma, Saitama,
      Chiba, Tokyo, Kanagawa, Yamanashi

      ¥880

    • Shinetsu
      Niigata, Nagano

      ¥880

    • Hokuriku
      Toyama, Ishikawa, Fukui

      ¥830

    • Tokai
      Gifu, Shizuoka, Aichi, Mie

      ¥830

    • Kinki
      Shiga, Kyoto, Osaka, Hyogo,
      Nara, Wakayama

      ¥770

    • Chugoku
      Tottori, Shimane, Okayama, Hiroshima, Yamaguchi

      ¥670

    • Shikoku
      Tokushima, Kagawa, Ehime, Kochi

      ¥770

    • Kyushu
      Fukuoka, Saga, Nagasaki, Kumamoto,
      Oita, Miyazaki, Kagoshima

      ¥500

    • Okinawa

      ¥830

  • 日本郵便

    ハニーベル はちみつ商品送料

    Shipping fees vary by region.

    • Hokkaido

      ¥1,400

    • Tohoku
      Aomori, Iwate, Miyagi, Akita,
      Yamagata, Fukushima

      ¥1,000

    • Kanto
      Ibaraki, Tochigi, Gumma, Saitama,
      Chiba, Tokyo, Kanagawa, Yamanashi

      ¥850

    • Shinetsu
      Niigata, Nagano

      ¥850

    • Hokuriku
      Toyama, Ishikawa, Fukui

      ¥700

    • Tokai
      Gifu, Shizuoka, Aichi, Mie

      ¥700

    • Kinki
      Shiga, Kyoto, Osaka, Hyogo,
      Nara, Wakayama

      ¥690

    • Chugoku
      Tottori, Shimane, Okayama, Hiroshima, Yamaguchi

      ¥690

    • Shikoku
      Tokushima, Kagawa, Ehime, Kochi

      ¥690

    • Kyushu
      Fukuoka, Saga, Nagasaki, Kumamoto,
      Oita, Miyazaki, Kagoshima

      ¥600

    • Okinawa

      ¥1,000

  • 新運輸㈱家具開梱設置

    家具専門の運送会社、プロが開梱から設置まで行います

    Shipping fees vary by region.

    • Hokkaido

      ¥50,000

    • Tohoku
      Aomori, Iwate, Miyagi, Akita,
      Yamagata, Fukushima

      ¥45,000

    • Kanto
      Ibaraki, Tochigi, Gumma, Saitama,
      Chiba, Tokyo, Kanagawa, Yamanashi

      ¥40,000

    • Shinetsu
      Niigata, Nagano

      ¥40,000

    • Hokuriku
      Toyama, Ishikawa, Fukui

      ¥40,000

    • Tokai
      Gifu, Shizuoka, Aichi, Mie

      ¥40,000

    • Kinki
      Shiga, Kyoto, Osaka, Hyogo,
      Nara, Wakayama

      ¥35,000

    • Chugoku
      Tottori, Shimane, Okayama, Hiroshima, Yamaguchi

      ¥35,000

    • Shikoku
      Tokushima, Kagawa, Ehime, Kochi

      ¥35,000

    • Kyushu
      Fukuoka, Saga, Nagasaki, Kumamoto,
      Oita, Miyazaki, Kagoshima

      ¥30,000

    • Okinawa

      ¥50,000

I would like to be notified of restocking

Age verification

When it is restocked, we will notify you to the registered e-mail address.

Mail Address

Please allow the domains 「thebase.in」&「kyushumonozukuri.com」so that you can receive our e-mail

I would like to be notified of restocking

Notice of restocking has been accepted.

We've sent an e-mail to you.
If you cannot find the mail, please check your spam folder.
When receiving a notification, you may not be able to receive it due to reasons such as the mail server capacity being exceeded. Please confirm it.

Please allow the domains 「thebase.in」&「kyushumonozukuri.com」so that you can receive our e-mail

化粧箱入り

生産に関するこだわり・信念

1.収穫するはちみつの濃度が重要で熟成させて採蜜している。
2.化学肥料を使わないためのレンゲ畑で養蜂。
3.クラウドファンディングで資金集めをし、無償で農家に配布、レンゲ畑を増やし景観を守る。
4.農薬、化学肥料を使わない農法で地域おこし(小郡 農ガールズ)

生産までの道のり

 田舎暮らしが嫌で東京へ行き、そのまま東京で就職・結婚しました。結婚後、主人の仕事でドイツに4年間在住、その後日本に帰国し、実家の両親が養蜂農家を営んでいたが、高齢になってきていたため辞めようというかと言う話が出ており、実家の養蜂業を継ぐことになり帰省しました。
 その当時、レンゲ畑が減少し養蜂で生計を立てるには厳しい状況でレンゲ畑を増やし、養蜂が出来る環境づくりに邁進することを決めて活動を開始しました。
 小郡市長や周りの農家に働きかけ、地域おこしに取り組みながらレンゲ栽培に賛同してくれる農家さんと、協力しあってお米を無農薬、減農薬 米でブランディング“恋華米”、“恋する甘酒”など商品化して販売しています。
 はちみつは10種類、はちみつと他の農産品をコラボした商品、恋華米を使った米粉のクッキーなど、健康と安全安心な食をベースに取り組んでいます。

苦労したこと

 家業の養蜂農家を4代目として引継ぎ、何から始めればいいか分からず苦労が絶えませんでした。小郡市長へ何度も手紙を書き、自分の考えを伝える努力から始めました。市長に会うことができ、市の魅力化計画講座開催したり広報活動を続けました。レンゲ畑を広めて無農薬や有機栽培など農法を理解してもらえる状況に ならない苦しい時期があり、独自で活動するしかないと考え、7年前からチラシを作って【れんげいっぱいプロジェクト】活動をしています。
 地道な活動が功を奏し、メディアからオファーがあり、少しづつ変わっていきました。今では、【れんげいっぱいプロジェクト】に賛同して頂ける農家さん(小郡 農ガールズ)の組織で広まっています。

今後の夢

2020年レンゲ祭りを開催する予定で活動していましたが、コロナの影響で開催できなくなり残念な思いがあり、是非開催したいと考えています。

Report

関連商品

Copyright © 九州ものづくり王国. All Rights Reserved.